生命保険の契約者貸付

保険の貸付はおすすめ

生命保険で終身保障を持ち続け

毎月支払う分と半年に一度支払う終身生命保険は、自分で手をつける事のできない貯蓄型で30年近く支払いが続く。終身で契約者貸付もあり、定期的に会社から通知が届き今いくら借りることができるか知る事が記載されている。通常どこかの金融機関から借り入れするよりは、運営会社の方が安い利息で貸付することができ優遇されていることが多い。自分のお金ではあるが、満期になるまで手をつける事ができない終身保険を中途解約するよりは、契約者貸付を利用する方が断然得である。資金にゆとりができたら返済もしていけば終身はそのまま残る。

契約者貸付を活用しよう

契約者貸付とは、生保会社が契約者に対し、キャッシュバリューの一定範囲内で行う貸付のことです。貸付金利は、その契約の予定利率に一定のスプレッドを加えた水準です。契約者の立場からメリットは、保険契約を維持しながら資金を融通してもらえることや、他の借り入れに比べると低金利で借りられるという点があります。また近年は、契約者貸付の手続きが簡便化されており、利用者から見た利便性が上昇しています。例えば、インターネット、電話のプッシュホン機能、さらにカードがある場合には、生命保険会社や銀行、コンビニエンスストアのATMで資金を借りることができます。

保険に加入するときの情報

Copyright ネットで保険に加入する All rights reserved.